トレンド動画通信|人気VODの情報まとめ※動画配信サービスはどこがいい?

動画配信サービス どこがいいトレンド動画通信では、国内ドラマ・海外ドラマ・映画(洋画・邦画)・アニメなどの最新の動画情報を紹介します。

主にU-next、Hulu、FOD、dTV、Amazonプライムなど様々な動画配信サービスがありますが各サービスで配信されている動画のジャンルは異なります。

各サービスには動画タイトルに多少のかたよりがあるので、自分に合ったVOD(動画配信サービス)はどこなのか見極めなければいけません。

動画配信サービスを契約しようか迷っている人、どこがいいのか分からない人に参考になれば幸いです^^

おすすめ動画配信サービス比較

動画配信サービスが年々増えていますが、人気のあるVODは限られます。

  • 動画ジャンル・本数が多い
  • 無料お試し期間が長い
  • 月額料金が安い
  • 独占配信動画がある

こういった視点で動画配信サービスを選ぶユーザーが多いです。

もちろん手当たり次第にお試ししてみるのも良いですが、それぞれのVODの特徴を簡単につかんでおきましょう。

U-NEXT(ユーネクスト)
U-NEXT最大のアピールポイントは動画の多さ。
 
取り扱うジャンルは、映画(洋画・邦画)、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメ、韓国ドラマ、NHKドラマ、ドキュメンタリー、音楽、アイドル、アダルト…等々、かなり幅広くさまざまなジャンルの動画を視聴できます。
 
同時ログインも最大4デバイスまでOKです。ダウンロードも可能なのでオフラインでの視聴もOKです。
おすすめ度
動画数 120,000本以上
電子書籍(マンガ・雑誌) 70誌以上
月額料金 2,149円

U-NEXT公式ページ

Hulu(フールー)
Huluは最新の海外ドラマを楽しみたい人におすすめです。
 
Huluでは課金制度はないので、配信されている動画はすべて無料で視聴できます。
 
日テレが親会社にあたるので、日テレ系列のドラマはイチ早く配信スタートされます。
 
おすすめ度
動画数 50,000本以上
電子書籍(マンガ・雑誌) 取り扱いなし
月額料金 1,007円

Hulu公式ページ

FOD(フジテレビ・オン・デマンド)
FODはフジテレビ系列のドラマ動画に強い特徴があります。
 
独占タイトルのコードブルーやあいのり、テラスハウスなど独特なコンテンツがあります。
雑誌やマンガの数も多いです。
 
同時ログインもOKなので最大5つの機器で同時視聴も可能です。
 
おすすめ度
動画数 20,000本以上
電子書籍(マンガ・雑誌) 100誌以上
月額料金 959円

FOD公式ページ

DMM見放題chライト
DMMの動画配信サービスです。
 
動画のジャンルや本数は少ないが、月額料金が安い点とアダルト系のタイトル数が多いのが特徴です。
おすすめ度
動画数 7,000本以上
電子書籍(マンガ・雑誌) 取り扱い無し
月額料金 540円

DMM公式ページ

dTV(ディーティービー)
31の専門チャンネルがあり、動画数もかなり多いです。
docomoの携帯を持っている人は月額料金が安くなるのが特徴です。
動画のダウンロードも可能なので、ネットに繋がっていない(オフライン)環境でも動画の視聴が可能です。
 
おすすめ度
動画数 120000本以上
電子書籍(マンガ・雑誌) 取り扱いなし
月額料金 842円※docomo回線が無い人は1,382円

dTV公式ページ

動画配信サービスの特徴まとめ(メリット・デメリット)

動画配信サービス 特徴 メリット デメリット動画配信サービスの特徴(メリットやデメリット)について簡潔にまとめておきます。

契約も解約もネット上の手続きだけで完結する

申し込み後、すぐに自分専用のアカウントとパスワードが発行されます。申し込んで即座にサービスを使用可能です。

サービスの解約もネット上から簡単にできます。

手続きにはクレジットカードが必要です。無料期間内で解約する場合でも記載しなければいけません。

動画配信サービスの支払いは?コスパは良いのか

VODとはビデオ・オン・デマンドの頭文字をとったものです。

ネットを介してスマホなどの端末さえあればいつでもどこでも使えます。

  • DVDを借りにレンタルショップに行く必要がない
  • レンタルしたDVDを返却するのも不要(延滞料金の心配もいらない)
  • インターネットさえあれば外出先でも視聴可能
  • 月額料金が高くても2000円程度で済む

月に新作のDVDを何本か借りるだけでも数千円ぐらいはいってしまうので、毎月1000円ぐらいDVDのレンタルや購入にお金を使う人にとってはかなり費用が安くなります。

無料お試し期間がある

どの動画配信サービスもお試し期間があるので無料で使ってみて継続するかどうかを判断できます。

以下に主要な動画配信サービスのお試し期間をまとめておきます。

U-NEXT 31日間
FOD 約1ヶ月間
dTV 約1ヶ月間
DMM見放題chライト 2週間
hulu 2週間

どのサービスも無料で利用できる期間があります。

動画配信サービスは複数契約もOKだが、自動で継続になるから注意

動画配信サービスは契約した当日から利用可能です。

U-NEXT、Hulu、FODなど複数のサービスを同時に契約して比べてみることもできます。

ただ、無料のお試し期間が終わるとそのまま自動的に継続されてしまいます。

1つのサービスの月額費用はそこまで高くありませんが、複数のサービスを同時に継続するとそれなりにお金がかかるので注意しましょう。

もし無料で試してすぐに解約するつもりなら、契約時期などを必ずチェックしておきましょう。

外で動画配信サービスを使うときにはデータ容量に注意

動画配信サービスは外出先で使用する場合は、データ容量(パケット)に注意しないとあっという間に消費してしまいます。

  • データ消費
  • バッテリー消費

事前にモバイルWi-Fiの準備やスマホの利用料金の見直しなどを行っておくといいでしょう。バッテリーも早く消耗するので、モバイルバッテリーなどの持ち運びも検討しましょう。

動画配信サービスはどこがいいのか複数使ってみると分かる※お試ししてみる

取り扱いのある動画ジャンルは各社で違いがあります。

たとえば

  • 海外ドラマ最優先であればHuluやU-NEXT
  • 韓国ドラマならU-NEXTやdTV
  • 大河ドラマ、NHK系列のドキュメンタリーなどを視聴するならU-NEXT
  • アイドル動画や大人のジャンルの動画を視聴するならU-NEXTかDMM見放題Chライト

自分が好きなジャンルの動画タイトル数が多いVODをお試ししてみるのが一番良いですね。